【セブ】モンテッソーリから中華学校へ。転校して良かったこと、まとめ。

Facebooktwittermail

モンテッソーリから中華系幼稚園へ転校した子供たち。

2校の比較から、中華系へ転校して良かった点をつらつらと。



【良かった】

・1クラス30人学級には、子供の「居場所」がある。

他人の視線が気になるタイプの娘には、1クラス30人構成の方が「自分の居場所(隠れ場所?)」が見つけられてラクなようです。

英語への自信のなさから、クラスでは口数が極端に少なくなってしまうことがあります。

彼女のこの言動は、15人の小規模クラスでは目立ってしまいます。

15人クラスではクラスメートたちが「何で話さないの?」と気にかけてくれることが多かったのですが、娘にとってはこれがかえってプレッシャーになっていました。

その点、30人もクラスメートがいると、数に埋もれて良い意味で互いの差異が気にならなくなるようです。

・中国語で高得点が取れて、子供の自信に。

英語もままならない状況で中国語も勉強させることに、当初私自身は迷いがありました。

結果的には、クラスメートのほとんどが中国語を勉強し始めたばかりで差がほとんどなく、勉強すればトップになれることがわかり娘にとって自信になったようです。

ちなみにセブ華人たちが話している中国語は、ほとんどが福建語。中華系学校で習う中国語は、北京語(Mandarin)です。



・イベントの準備をしなくていいので、親がラク。

食事やコスチュームなどイベントにかかる費用は学費とともにあらかじめ徴収されています。

かつ準備も全て学校側がしてくれたので手を煩わされることがありませんでした。

・図書室で本を選び、読む楽しみを子供たちが知れた。

図書室があって、年長さんの場合は、週1回、子供たちが自ら本を選び借りてくることができました。

フィリピンでは読み聞かせ、読書の習慣があまりないので、本に触れる機会が少しでもあることは親にとって安心です。

・兄弟姉妹の保育時間を揃えてもらえるので、送迎がラク。

中華系学校では、年長の娘は午前中4時間、プレ年少クラスの息子は午前中2時間15分が規定の保育時間でした。

本来なら開始も終了も違う時間なのですが、送迎の手間を考慮し、下の子は上の子に合わせて時間を無料で延長することができます。



次回は、改善して欲しい点をまとめます。

【セブ】モンテッソーリから中華系へ転校。2018-2019 SY 振り返り Part 2

Facebooktwittermail

前回の振り返りの続きです。



【生活】
掃除や手を洗うなどの生活指導はモンテッソーリの方が充実しています。

一方、中華系では授業中は静かにするというような指導が厳し目。

また中華系は遅刻に対して厳しく、遅刻が多いとどんなに成績優秀でも表彰されないという決まりあり。

【言語】
モンテッソーリでは、英語が基本。ただし「自分たちの母語も大切にするべき」というポリシーから、子供たちがセブ語あるいは英語以外の言語で話しても特に注意されることはありません

中華系では、英語 or 中国語でしか話してはいけないという決まりあり。

【クラス】
モンテッソーリは、1クラス15人の異年齢構成

中華系は、1クラス30人です。異年齢クラスではありませんが、年長でも5-7歳くらいまでは幅があります。

中華系は華人系のクラスメートがほとんど。数人は、親が中国語しか話せない(華人ではなく大陸からの移住?)という印象です。

母語を日本語としている家庭は、今のところ我が家以外は見当たりません。

【担任】
クラスごとに担任+副担任という構成はどちらも同じです。

中華系の場合は教科ごとに先生が違います

モンテッソーリは、体育や音楽以外は担任の先生が指導するのが基本でした。



【イベント】
モンテッソーリであったイベント

・フィリピン文化の日
・ティーパーティー
・ファミリーデー
・クリスマス会
・シヌログ祭
・ガールズスカウト表彰式
・キャンプファイヤ
・授業参観

中華系学校であったイベント

・フィリピン文化の日
・クリスマス音楽発表会
・創立記念日学芸会
・卒園式

【成績表】
中華系でもらう成績表は、私が小学校の時にもらっていたような科目や項目ごとに評価がつき、学期ごとに簡単なコメントがあるものです。

モンテッソーリの場合は成績表プラス、子供に関するA4 2ページほどのレポート付き。

【設備】

・バスケットコート
・学食
・図書館
・チャペル
・体育館
・PC室
・プレイグラウンド

中華系は高校まで、かつクラスの数も多いので上記設備が整っています。

モンテッソーリは園庭小さめで、卒園式などは外部のホテルを利用して行われていました。



次回は2校の比較を踏まえて、転校して良かった点と改善して欲しいと思う点を考えたいと思います。

フィリピン・セブ島の幼稚園 学費・授業料はいくら? 私立幼稚園の学費、全部公開します!

Facebooktwittermail

フィリピン・セブ島では

考えられないような安さで英語教育が受けられる
と、日本から親子留学や教育移住をする人が増加している。

では具体的にいくらくらいするの? と色々調べて見ると、web上にはざっくりとした値段しか載っておらず、よくわからないという方も多いのではないだろうか?(15-30万ペソと書いてあったりして、差額がかなり大きい)。

そこで、某私立幼稚園の学費を完全公開。

教育移住やお子様の英語留学を考えている方は、ぜひ参考にしてください。


*今回、公開するのはインターナショナルスクールではなくセブ市内にある私立幼稚園。2018-2019SY(年度)の学費。インターの場合は、これより高くなる場合がほとんど。
1ペソ=2.3円で計算。

●授業料(年間)
年少クラス 97,124円
年長クラス 81,806円

*授業料を1年分まとめて払うと3%引きになる。逆に分割をすると少し割高になる(数百ペソの差程度)

*webなどで授業料=Tuition feeと書かれているのは、純粋な授業料を指している場合と、下記にあげる費用も全て含んでいる場合があるので調べるときには注意した方が良い。

*保育時間は、年長は月〜金で毎日4時間、年少は月〜金で毎日2時間15分。

●教科書代
年少クラス 3,889円(英語、算数など4冊)
年長クラス 5,812円(英語、算数など6冊)

*2-3歳が所属するクラスは教科書がないため費用がかからない。

●雑費
年少クラス 45,110円
年長クラス 69,513円

水道光熱費、写真代、文具代、イベント費用などが全て含まれている。年長クラスが高いのは卒業式、カリキュラムなどにかかる雑費が多くなるため。


*学校によっては文具代、イベント費用などを都度回収するところもある。その場合は、都度出費が増えることになる。

●制服代
約1,000=約2,300円

*制服と体操服の合計。サイズ、男女などによって100円前後違いあり。その他、各自で白ソックス、黒靴などを用意する必要あり。

●その他出費が見込まれるもの

通学交通費:スクールバスを提供している学校で、利用する場合は距離に応じて費用がかかる。

誕生日会費用:紹介した学校では学校で誕生会を行うことを禁止にしているが、他校では授業中のおやつタイムなどに、誕生日の子供がいるとお祝いする習慣がある。誕生日の子供の親が、おやつを差し入れたり、簡単なプレゼントを配ったりするのだが、プレゼント交換を習慣にしているところもあるのでその場合は出費が必要。

おやつ代:学校が用意するところと、各自持参のところがあるので要確認。

ここ数年の動向を見ていると、ほとんどの学校はインフレもあり、年々学費は値上がりする傾向にある。「授業料」の安さにだけ目を奪われないで、そのほかの出費などにも目を配り、親子留学費用の概算などをされることをオススメします。

驚き!! セブ島 幼稚園・保育園のこれが常識!? 6つのコト

Facebooktwittermail

セブ島に移住して約1年が経過しました。現在4歳娘はセブ島の私立幼稚園に通い、2歳息子は自宅保育です。今後のことも考えて、来期はどこの学校に通わせるか検討中。そこで、これまで学校見学や実際に子供を通わせてみて、驚いたことを少しまとめておきたいと思います。(※アイキャッチ画像は幼稚園での制作物)

驚き(1):新学期の時期がバラバラ ついでに休みもバラバラ

学校(保育園・幼稚園)によって6〜8月くらいまで幅があるので、見学時に要確認。新学期の時期が学校によって違うのは、現在、フィリピンが国際基準の9月に合わせようとしているからのようです。もともとは6月始まりが基本だったのが、各学校が徐々に新学期を後ろ倒ししはじめ、早めに後ろ倒ししているところと、まだ対策をしていない学校に分かれていてバラバラに。では、いつ揃うの?とフィリピン人ママ友に聞いてみたのですが「規則があっても、政府が罰則をもうけないかぎり進まないんじゃないの?」とのこと。えっ!? 長期の休みは学年の狭間の5〜6月ごろと、こちらのお盆にあたる11月上旬ごろ、それからクリスマス休暇といったところでしょうか。ただ、このあたりもお盆休みを2週間とるところもあれば、1週間のところもあり学校によって対応がかなり違います。

驚き(2):入学年齢が決まっていない? ※追記あり

日本なら月齢や満年齢で、●●ちゃんは●月●日が誕生日だから3歳児クラスとか、年長、年少などが決まっていると思うのですが今のところセブ島ではかなり曖昧。昔は、年子の兄弟姉妹など、親が一緒の方が好都合だからと、年齢が違うのに同じ学年に入園させてしまうというようなこともあったとか! しかし、こちらも徐々に厳格化される模様です。しかし、これもいつ厳格化されるかがわからない。学年の境目となりそうな7〜8月生まれの子供たちのフィリピン人ママ友も、幼稚園に通い始めたはいいけど、途中でこれが厳格化されると同じ学年をもう一度やらなくてはならない…と頭をいためています。こちらも学校に要確認ですよ。

※追記です【重要】 この入学年齢バラバラ問題。2018年から新しい法律が適用されることになり、小学校には6月1日の時点で満6歳にならないと入学できないことになりました。このことで、年齢が引っかかって年長さんや年中さんを2年続けてやる子供たちが続出する模様です。

※追記の追記です この法律によって泣いていた知人親子。教育省の救済措置によって、そのまま上の学年に進級できることになったと報告を受けました。フィリピンにはよくあることですが、案件によって、人に寄って対応が違うので、やはり要確認ですね。


驚き(3):学校での誕生日会を親が準備する!

誕生日会は、保育園・幼稚園が準備してくれるのではなく、誕生日を迎える子供の親が準備します。定番はクラスメートにマクドナルドやジョリビーのハッピーセットの差し入れ。お菓子やおもちゃ・文具などプレゼントもクラスメート分を準備して配布します。そう、誕生日の子供はプレゼントをもらう側ではなく、配る側。学校によってはプレゼントの交換をするところもあるようです。ファストフードや駄菓子が授業中に出てきてその場で食べることが多いので、アレルギーがある子などは注意が必要です。

驚き(4):突然、新しいカリキュラムや行事が決まる!

これは全ての学校がそうかはわからないのですが、娘が通っている学校では、急に新しいカリキュラムが始まったり、行事が決まったりするので、そのための準備に時間をとられています。例えば、連絡帳に「今週、金曜日からガールスカウトの授業が始まります。参加したい人は、費用と制服を用意してね」といった具合。制服を購入する場所は、学校から車で30分くらいかかる場所だったりします。移住する前は、保育園に通っていた我が家。保育園は親が働いていることが前提なので、何か準備が必要な場合は日程にかなり余裕をもってお知らせされることが多かったので最初はビックリ。毎月1回は、突然「明日は●●を持って来てね」「2日後に●●があるよ」みたいなことがあります。

驚き(5):午前だけ? 午後だけ? 保育時間が全然違う!

新学期や年齢が学校によってかなり違うことは前述しましたが、保育時間も学校によって全然違います。いまの幼稚園は2歳半〜4歳ごろまでは8:15〜11:15の3時間保育。4歳以降になると、8:15〜14:00でお弁当持ちになりますが、他の学校も同じ感じかというと全然違います。年長さんは7:45〜11:45だったり、幼稚園は全員3時間で、午前クラスと午後クラスがあるなど。幼稚園で延長ありか、なしか…とかの違いではありません。また午後クラスを希望したとしても、人数が少ないので午前クラスしか今期はやりません、みたいなことも。また兄弟姉妹で同じ学校に通わせると、問題なのがこの時間差。兄姉が上のクラスにいる場合は、下の子はその間預かりますよ…という学校もありました。


驚き(6):制服大好き。2歳から制服?

今まで10校以上の学校を見学しましたが、私服だったのは1校だけです。フィリピンは制服文化。2歳の子でも、きちんと制服があります。しかも普段の制服と体操服の両方。ちなみに我が家では入学前にきちんとオーダーしたにも関わらず、制服が届いたのは学校が始まってから3か月後。学費が違うのはもちろんですが、制服にかかる費用も学校によって様々なので要チェックですね。また制服ではありませんが、行事によってドレスコードが指定されていることも多いです。例えば、フィリピンの文化について学ぶ日は「フィリピンの伝統衣装」だったり、世界について学ぶ日は「指定された国の民族衣装」だったり……。その度に、親たちは買い物に奔走しています。

 

他にも驚きポイントはいっぱい。また色々リポートしたいと思います!



インターナショナルスクールだけじゃない、セブ島で英語が勉強できる幼稚園&小学校

Facebooktwittermail

親子留学が増加しているセブ島。大人は英会話学校に通いつつ、お子さんは、現地セブ島の学校に通わせる親御さんも多くいらっしゃいます。その多くは「英語学習」を目的とされるために、英語=インターナショナルスクールとイメージされる方も多いですが、セブ島ではインターナショナルスクール以外の私立でも英語で授業が行われています。では、実際にどういう学校(保育園・幼稚園・小学校など)があるのか? を簡単にご紹介したいと思います。

インターナショナルスクール

日本人など外国籍の子供達を積極的に受け入れているのが特徴。授業はもちろん英語。入学時に求められる英語のレベルは学校によって様々で、英語が話せない子供のために家庭教師を派遣したり、補習をするなどしてくれるところもあれば、入学試験で一定の英語レベルがないと落とされてしまうという厳しい学校もあります。学費は概してお高め。

プライベートスクール(私立)

インターナショナルスクールに比べて学費が安いことが多いのがこちら。学校によっては外国籍の子供が多いところもあります。授業は基本的に英語。少人数の学校が多いインターナショナルスクールに比べて、生徒数も少人数なところからマンモス校まで様々です。学力のレベルも、学校によってかなり幅があります。

日本でも、子供を入園・入学させる前に見学にいくとは思うのですが、セブ島では見学必須。というのも、カリキュラムや学費はもちろん、預かり時間や新学期のスタート時間、年齢によるクラス分けなどがかなりバラバラな上に、ほとんどの学校が日本では当たり前のようにもらう入園案内・入学案内のようなものを用意していないからです。

見学に際して、こんなところをチェックしたらいいということは、今後まとめていきたいと思います。

セブ島の幼稚園・学校 クリスマスパーティーのプレゼント交換が大変!!

Facebooktwittermail

先日、娘が通う幼稚園の連絡帳にクリスマスパーティーの持ち物リストがはさんでありました。用意するものは

  • プレゼント交換のためのギフト
  • チョコレートや飴などのお菓子類
  • 10〜15名分のケーキ

です。ちなみに、お菓子類をのぞいては先生が各家庭に担当を割り振っているので、ケーキのかわりにチキン担当がいたり、ご飯・麺類担当がいたり様々です。そして、今回大変だったのがプレゼント交換に使うギフトです。


買う物が決められていて、我が家には「イルカのぬいぐるみ」を買ってくださいという指令が出ています。なぜ買う物が決まっているのかというと、フィリピンには「Manito Manita」というクリスマスギフトの習慣があり、あらかじめプレゼントを渡す相手(クラスメート)が決められているのです。そのクラスメートのリクエストが「イルカのぬいぐるみ」のようです。webで検索すると、Manito Manitaのやり方は少しずつアレンジされているようですが、娘の幼稚園では先生がそれとなく欲しいものや好きなキャラクターを、子供たちに聞いているようです。リクエストはそれぞれ違えど、予算は300ペソと決められていました。子供のリクエストなので、できれば叶えてあげたいなぁと、セブ島をイルカのぬいぐるみ求めて大捜索! クマのぬいぐるみはどこでも売ってましたが、イルカが意外に見つからなくて焦りました。アヤラのぬいぐるみ屋さんで無事、見つけられてホッとしています。喜んでもらえますように!

セブ島のモンテッソーリ幼稚園

Facebooktwittermail

意外に思われるかもしれませんが、セブ島の私立小学校はかなりの詰め込み教育。幼稚園はその前段階なので、お勉強色が濃い幼稚園が多いのが特徴です。また地元ママ友と話していても、例えばアルファベットを書くこと、数字を書くこと、英語・中国語などの語学など、いわゆるお勉強を重視している人が多いです。

いくつか幼稚園を見学すると、大きく3つのカテゴリーに分けられると思います。

  • トラディショナル幼稚園 … 座学スタイルが基本。クラスは20〜30人ほど。
  • モンテッソーリ幼稚園 … 個人ワークやグループワークの組合せ。クラスは15人ほど。
  • プリスクール系 … 少人数で習い事のような印象。クラスは少人数が基本。

このなかで、インターナショナル系やローカル系などがあります。例えばモンテッソーリでもインターナショナルと、そうでないローカルの幼稚園があります。



最近日本では最年少プロ棋士の藤井四段が、モンテッソーリ教育を受けていたということで注目を浴びているようですが、私感ですが山本五十六の名言に近いのかなと思います。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、

ほめてやらねば、人は動かじ」

写真は学校に張り出してある、モンテッソーリと伝統的な教え方の違い。子供それぞれに違うペース、興味に合わせて進むモンテッソーリは、今のところ娘にはあっていそうかなと思っています。

 

「子供はすぐ慣れる・子供は早い」の罠

Facebooktwittermail

子連れ移住を決めたとき、子供の言葉を心配していた私が、よく言われたのは「子供はすぐ慣れるよ」「子供は早いもんね」というような類いの言葉でした。そして、私も少なからずそう思っていました。子連れ移住して、周囲の人や幼稚園のお友達と話すようになれば、自然に言葉(英語)も慣れるだろうと。

しかし、子供はすぐ慣れる=何もしなくてよい、ではないということを今は実感しています。移住した当初は、4歳娘、2歳息子ともに英語と現地語を突然話し始めた父親(夫)に軽くパニック。唯一日本語を話していた私は、二人からこれでもかという程の抱っこ攻撃に合いました。



娘は何でも自分でやりたがる性格だけれど、慎重派で完璧主義。日本にいる時も、自分がそれを完璧にやれると自信をもてるまではやらないタイプです。でも本当は、それをやってみたいという気持ちが根底にはあるからイライラ。それが移住後にも如実に現れました。幼稚園では、ずっとだんまり。慣れれば少しずつ話してくれるだろうと思っていましたが、1か月しても全然話そうとも、歌おうともしない彼女を見てさすがに心配に。いまは幼稚園の先生に家庭教師として来てもらい、英語のフォローをしてもらっています。息子は最初こそパニックになったものの、すぐに慣れて、いまは4か国語を真似っこ。

最近、家庭教師の先生に自信をもたせてもらい、英語を少しずつ話せるようになった娘をみて、もっと早く環境を整えてあげればよかったなぁと思います。言語も含めた新環境に馴染めるかは「性格」と「動機」でかなり変わってくるなと実感しています。これは子供だけでなく、大人も同じ。あせらず、でもあきらめず。ゆっくりとこの環境に慣れていきたいと思います。