UNIQLO ユニクロ・フィリピン セブ島・セブからオンラインで買い物

Facebooktwittermail

2020年7月からフィリピンのUNIQLO ユニクロでもオンラインショッピングが可能となりました。

https://www.uniqlo.com/ph/en/

これまで合計4回程オーダーしました。



webでオーダーするとオンラインショップ開設当初は、到着までに1カ月以上かかって困りましたが、最近はオーダーから最短で3日で届き、長くても1週間以内には届きます

オーダーをするとメールでトラッキングナンバーが送られてきて、荷物追跡をすることができるので、自分の荷物がどこにあるのか確認することができます。マニラからの発送を行なっているようなので、マニラ首都圏にお住いの方は、もっと早く届くかもしれません。

自宅のほか、近くの店舗での受け取りを選択することもできます。

自宅を配送先に選択しても、サイズ変更、交換などは店舗でも可能です。実際にサイズの合わないものをアヤラの店舗で交換してもらいました。

2,500ペソ以上のオーダーで送料無料

梱包もきちんとされていて、タイミングによってはフリーペーパーが同梱されている時もありましたよ。

美容医療・皮膚科 40代 シミ取りレーザー治療 in セブ 感想・経過写真あり

Facebooktwittermail

2020年9-11月にかけ、フィリピン・セブ島の美容皮膚科にてシミ取りを目的にレーザー治療を受けました。経過などを含めて、ご紹介します。



私:40代 女性

施術前の悩み:若い頃からシミはあったが加齢とともに肝斑が混じるようになる。さらにこれまでは薄く出ていたシミが、ホクロのように色が濃くなって来てファンデーションでは隠しきれない状態

治療に使われたレーザーの機械:LUTORONIC社のSPECTRA XT(スペクトラXT)

受けた施術名:Hollywood Laser Peel と Gold Toning という2つの施術のコンビネーション

Hollywood Laser Peelは
・ニキビ
・シミなどの色素沈着
・肌のムラ
・毛穴
のケアに良いそうで

Gold Toningは
・ニキビ痕
・肝斑
・顔の赤み
のケアに良いようです

費用1回あたり4,000ペソ(プロモ価格、通常は1回10,000ペソ) 4回の施術で 合計 1万6,000ペソ
*初回施術後に化膿を防ぐための軟膏を処方され、薬局で別途購入しました(確か500ペソ前後・記憶が曖昧ですみません)

予約
facebookのメッセンジャー経由でアポイントを取りました。セブの美容医療の場合、クリニックの多くはfacebookやIGのアカウントを所持しているので、そちらからアポイントを取ることになります。使用機械やそれぞれのメニューの効果などはアポイント時に教えてくれます。予約・施術などすべて英語でのやり取りです

シミの状態を写真を撮影して送ったところ、担当ドクターが写真を確認してくれ、Hollywood Laser Peel と Gold Toning の両方を勧められ、そちらを予約しました。



施術前
コロナ禍のためクリニックでは検温・消毒があり、防護服を付けるように指示されました。
施術は個室です。寝転がった状態で助手の方がクレンジングをしてくれました。

施術
実際の施術はドクターが行います。以下、施術の感想です。

Hollywood Laser Peel(ハリウッド・レーザー・ピール) → 施術中は少し焦げたような匂いがしましたが、心配した痛みはほぼゼロでした。この時点で鏡を見せてもらいましたが肌が一段明るくなったような気がしました。

Gold Toning(ゴールド・トーニング) → ハリウッド・レーザー・ピールを受けた後に、ドクターから肌のどこが気になるかと聞かれ、頬の肝斑と顔全体に点在するホクロのようなシミが気になることを伝えたところ、レーザーを調整して取るようにしてくれました。

ゴールド・トーニングについては、個人のシミの状態によってレーザーの強さなどかなり変えていると思います。私のシミの状態だと、いかにも肌をレーザーで焼いているというようなバチッ、バチッという音が時々して場所によっては痛かったです。が、麻酔が必要と思うほどは痛くないです。私は痛みに弱い方ですが、耐えられる程度の痛みでした。

施術後
レーザーを強く当てた部分に軟膏を塗ってもらい、処方箋をもらって終了です。処方されたのは化膿を抑えるための軟膏です。施術から7日間はレーザーでシミを除去した部分に軟膏を塗るように指導されました。

通院は合計4回。施術の流れについては毎回同じでした。



実際の経過
気になる経過です。現在これを書いているのは、最後の施術から約5カ月後。
シミやホクロが全くない状態とは、ほど遠いですが、とにかくものすごく薄くなりました。1万6,000ペソでこの結果は、大満足です。(写真参考)

とはいえ、美容医療でレーザーを受けて一気に変わった!という感じではなかったので、皆さんの参考になればと経過を書いておきます。

施術直後 → 肌がワントーン明るくなってシミも薄くなる(気持ち:やったー!)
施術数時間後〜5日後 → レーザーで焼いたシミが赤黒くなって来て、かなり目立つように(気持ち:大丈夫かな? 不安)
施術6〜7日後 → 赤黒くなっていたシミがかさぶたになりポロポロと自然にめくれ落ち始める。全てがはがれ落ち、シミがほぼなくなったように感じる(気持ち:やったー!!!)
施術2〜3週間後 → はがれ落ちたはずのシミ、が徐々に復活!?!?(戻りジミ、と言うらしいです)(気持ち:ショック。。。。)

ダウンタイムはない施術と言われましたが、施術から1週間ほどはシミが赤黒くなって濃く見えたり、かさぶたになったりするので、誰かに会う場合はマスクで隠したり対策が必要だと思います。また施術後は日焼けのダメージを受けやすくなっているので、日焼けも厳禁。

ドクターの指示により、最初の2回は2週間間隔で通院し、その後は1カ月間隔で通院しました。

最初、戻りジミを見たときはショックでした。さらに4回の通院を終えた後も戻りジミが出て来てしまい、正直あまり効果はなかったのかなと思ったほどです。

色々調べたのですが、日本のドクターが「戻りジミは1年くらいかけて様子を見た方が良い」と書かれているブログを見つけて少し経過を見てみることにしました。

施術から3カ月ほど経過した時、戻りジミがかなり薄くなっていることに気づきました。施術前に撮影したシミの写真と、現在とを比較すると一目瞭然。薄くなっています! 以前はファンデどころかコンシーラーを使用しても隠しきれなかった濃いシミが、ファンデを使用すればほぼ隠れるくらいの薄さにはなりました。

ちなみに戻りジミは全ての人に起こるわけではなく、かつ戻りジミが薄くなっていく期間も個人によって差があるようです。と言うことで、このまま1年ほどは様子をみて見ようと思っています。

また写真を見てもわかると思うのですが、シミだけでなく施術によって肌がワントーン明るくなりました。今回初めてセブで美容医療を受けてみて、使用している機械は日本と変わりはありませんし、信頼できるドクターに出会えればエステや高級化粧品に課金するよりもコスパはいいのではないかと思いました!



【ロックダウンで便利に?】オススメ韓国スーパー&最新サービス まとめ

Facebooktwittermail

2020年3月からロックダウン中のセブ。これまでのライフスタイルが激変しました。

ということで、2020年に購入したもの、利用したサービスのオススメを思いつくままに書き出して見ました。みなさんの2021年のフィリピン・セブライフに役立てていただけますように!



 

【韓国スーパー】

日系スーパーよりも割安で、セブ市内にも複数店舗があり使いやすくオススメです。

ロックダウンでモール内のスーパーが大行列の時も韓国スーパーは行列なしで利用できました。

韓国語が読めないとわかりにくいものもあるので、我が家がよく買っているオススメを写真付きでご紹介します。

・調味料
梅シロップ

肉料理の下味、煮物の隠し味などに使用する他、水やお湯で薄めてそのまま飲んだり、プレーンヨーグルトに混ぜたりしています。

ヨンドゥスン

日本の白だしのような、大豆などを発酵させた液状調味料です。茹でた野菜にヨンドゥスンとゴマ油を合わせれば即席ナムルの完成。スープの隠し味にも使っています。

牛ダシダ

チゲなどスープに入れるとコクが出るらしいのですが、我が家はもっぱらチャーハンに利用。ウェイパーがわりです。

味噌

↑野菜にそのまま付けたり、サムギョプサルなどお肉料理につけるサムジャンです。市販のものであれば緑のパッケージに入っている味噌がそれに当たります。

↑日本の味噌がない時は上記の味噌を味噌汁にしています。田舎味噌のような味わいです。

ブルコギのタレ

ブランドによって味が違います。同じブランドでも甘口、辛口があるのですが、我が家はいつも写真のタレを使っています。甘めのタレで子供たちはこれが大好き。

その他、ゴマ油や炒りごまなども韓国スーパーで買っています。特にゴマ油は日本のものより香ばしくて、ナムルやチャーハンなどには韓国ゴマ油が合います。



・豆腐

私が行くところでは、木綿or絹ごし、おぼろ(チューブのような入れ物に入っています)の3種類の扱いがあって、用途によって使い分けています。

・野菜
韓国大根
ニラ
エゴマ
むきニンニク

他にも野菜は置いていますが、韓国スーパーならではというものは上記です。大根はローカル大根と比較して日本のものに近く煮物にしても美味しいです。

・キムチ、タクアン類
キムチは自家製のものから、市販ブランドまであります。種類も白菜、大根、キュウリ、エゴマなどがあります。タクアンはスライス、刻み、キンパ用の長いものがあります。


↑こちらは大根薄切りの甘酢漬け。サムギョプサルを巻いたりして食べるようですが、私はこのまま漬物がわりに食べたりもしています。刻んで他の野菜を加えても美味しいと教えてもらいました

・海苔

食卓のり、キンパ(韓国巻き寿司)用、ふりかけ海苔

・チヂミの素

チヂミに使うのはもちろん、野菜や肉、魚につけて揚げるとカリッとしていて美味しいです。天ぷら粉よりも簡単に扱えるので重宝しています

・冷凍食品
餃子

蒸し餃子だとキムチ、エビなど種類がたくさんありますが、我が家は皮がパリッとした焼き餃子の方が好きなのでこちらを常備しています。日本の餃子と比較して、サイズが一回り大きいので最初はちょっとびっくりするかも。

いなり寿司の素

韓国のいなり寿司は、お揚げ、合わせ酢、具のふりかけの3点セットが基本。ご飯さえ炊けばOKなので重宝しています。

ソーセージ

皮が厚め、ミニサイズのソーセージですが味が日本のものに近いです。

うどん

日本のものより1玉の量が多いように感じます。使い方は日本の冷凍うどんと同じ。うどんつゆを作るのが面倒な場合は、濃縮うどんつゆもあります。

 

・袋麺

韓国ラーメンと言えば辛ラーメンが有名ですが、それ以外でリピート買いしているものがこちら。

↑生麺が入っている即席うどんです。

↑牛骨スープがベースのサリコムタン。辛くないので子供も食べられます。

冷たい汁なしの麺、即席ビビン麺。サラダやゆで卵、ツナなど好きなものをトッピングして食べています。お味はかなり辛めです。



・お菓子類






ずらっと並べてみましたが、日本にもあるようなお菓子が多く、ハングルが読めなくても見た目で「これは〇〇では?」と予想できます。個人的にはクグダス(ラングドシャのお菓子)、ポテトチップ(フィリピンのポテチは塩が強めですが韓国は日本と同じ感じです)、米菓子などの購入頻度が多いです。羊羹シュークリームもあってよく買います。

写真にはありませんが、キャラメルコーン、チョコパイ、こつぶっ子、サラダせんべい、とんがりコーンに似ているものもよく買います。

↓この写真の豆乳や同じメーカーの黒ごま豆乳も好きで見かけたら買っています。濃厚で甘みもあるタイプなので料理などに応用するのは難しいかもしれません。

参考までにこれまで色々と購入してリピートはないなと思ったのは、マーガリン、マヨネーズです。マーガリンはフィリピンスーパーで買える輸入のspredableの方が良いと思ったのと、マヨネーズは酸味があまりなくローカルスーパーでも買えるキユーピーが一番だと思いました。

では韓国スーパーどこにあるの? という方のために。私が知っているセブ市内の韓国スーパーは以下の通りです。

私は店舗で購入していますが、1000ペソ以上購入でデリバリーOKのところもあるようです。

Assi Mart(ランダース近く)

Big Plus Mart(ITパーク近く)

Pusan Mart(カントリーモール近く)

Koreana General Merchandise(町屋マート近く)



【冷凍魚介類&オーガニック野菜デリバリー】

Asian Wave Seafood https://asianwave.com.ph/

マグロやサーモンなどのフィリピンのスーパーでは手に入れにくい冷凍の魚介類を主に扱っている会社のオンラインショップです。セブ、マンダウエであれば1000ペソ以上の注文で無料で配達してくれます。基本は注文の翌日にお届け。午前中の早い時間に頼むと、その日の午後に持ってきてくれる場合もありました。

よく頼んでいるのは
魚介類(pompano=マナガツオ、tanguigue=サワラに似ています、マグロ刺身、鮭の切り身、のばしエビ、むきエビ)
練り物(Ocean Riaのカニカマ、seafood tofu=揚げはんぺん、oborotsuki=カニカマちくわ)
あたりです。

スモークサーモン、スズキ、ウナギなどローカルスーパーではなかなか手に入らないものが揃っているのもうれしいです。他にもラーメンや肉類などの取り扱いもあります。日系、韓国系スーパーでも同じ商品を見ることもがあるので、日本人の口に合うものが多いと思います。

God’s Grace farm

オーガニック野菜を扱っているお店です。直営店舗は町屋マートと同じビルに入っていますが、モール内のスーパーでも取り扱いがあります。500ペソ以上で無料配達してくれるので、ある程度まとめて頼む場合はこちらにお願いをしています。facebookの投稿で品揃え、季節野菜などを把握することができます。オーガニックというだけでなく水菜や椎茸、台湾さつま芋など他ではなかなか手に入りにくい野菜があるのもうれしいです。お値段はオーガニックでないものと比較すると割高です。

【Lazada】

フィリピンのamazonや楽天のような存在。ロックダウンの影響か、公式ショップが増えて安心して買えるものが増えました。ロックダウン前は欲しいものがあると、とりあえずアヤラやSMなどのモールでチェックしていましたが、ロックダウン後はもっぱらLazadaにお世話になっています。

例えば 資生堂 は公式ショップがあり、フィリピン国内は配送料無料です。セールやクーポン配布なども頻繁にありモールで買うよりも、日本国内で免税で買うよりもお得な値段で購入することも可能です。

他にも 日本ブランドを扱っている
NANA MALL
Laox
Beautybox Corp
などがあります。

Lazada内のLazmallに出店しているお店はブランド直営店、正規代理店だと教えてもらったので化粧品はLazmallから買う場合が多いです。

またロックダウン中に友人たちが多く利用していたのはamazonジャパンです。送料はそれなりにかかりますが、日本のものが買い物できますし、独自の配送網なのか、日数かからずに届くところも便利なようです。



【登場回数が多かったキッチン用品】

おうち時間が増えたことで、家で料理する機会も増えました。とにかく使い倒したのはこの2品です。

・圧力鍋
ロックダウンで緊急帰国した友人から譲り受けた圧力鍋。肉&野菜硬い、電気代高いのフィリピンではめちゃくちゃ役にたつと思います。持っていなくて自炊している人には今すぐ買って欲しいくらい。

・水出しコーヒー
ロックダウン初期はダルゴナコーヒーにハマっていたのですが、カロリー高めなのと飲み飽きてきて、引っ張り出したのが日本から持ってきていたiwakiの水出しコーヒーが入れられるドリップサーバーです(↓商品画像を押して飛ぶのはamazonのアフィリンクです)

水出しが優れているのはお水で入れるのでコーヒーが酸化せずに、一度入れると2日ほどは冷蔵保存で美味しく飲めること。セブは年中暑いので、美味しいアイスコーヒーが毎日飲めるのは幸せです。

豆はセブの有名焙煎所 The Good Cup Coffee で購入しています。

私が普段飲みしているのは
エチオピアのSidamoという豆。フルーティーな味わいで、水出しで入れるとさらにスッキリ。アイスコーヒーでさっぱりと飲むのに最適です。

他にもフィリピンのMt.Apoで獲れる豆や、世界各国の豆が扱われているので色々試すのも楽しいです。
Good Cupは店舗で購入も可能ですが、オンラインでもとてもスムーズに購入できるのでオススメ。

長くなってきたので、今日はとりあえずここまで。この記事がみなさんのセブライフの参考になればうれしいです。

 



【2019年】海外在住 一時帰国の買い物 おすすめリスト【食べ物編】

Facebooktwittermail

2019年、日本への一時帰国で買ってきて、これは良かったというもののリストです。

筆者はフィリピン・セブ在住。フィリピン・セブ在住者だけでなく、気候が近い、東南アジア在住の方や海外在住の方の参考になればうれしいです。



(1)キッコーマン いつでも新鮮 あごだししょうゆ

料理コラムニストの山本ゆりさんのツイートがきっかけで知った「あごだししょうゆ」。卵焼き、茹で野菜、和風パスタ、炊き込みご飯などが、これ1本で美味しく出来上がる、スグレモノ。日本に住んでいる方たちも絶賛。そして、これセブ在住だと価値が倍増します。

なぜなら、セブの野菜は残念ながら大味で旨味が少ないから。
日本では、「塩つけるだけで美味しい!」というような野菜も、少し旨味のあるものをプラスしないと物足りない。

そこでこの「あごだししょうゆ」の出番です。時間がない時も、これをかけるだけで上品な和風味のおかずが完成
特に、関西の薄口しょう油で、ほんのり甘みがあるだしの味付けが好きな人はハマると思います。

カツオやマグロ系の味がしっかりして、しょう油感もきちんとある味が好きな人はこちらの「旨味広がる だししょうゆ」もオススメ。



(2)小豆島 食べるオリーブオイル

セブは雨季と乾季はあるものの、基本的にずっと夏。そのため、野菜のラインナップが年中変わりばえしません。

具体的には、ナス、ゴーヤ、人参、キャベツ、きゅうり、オクラ、キャベツなど。これらの野菜を飽きることなく食べるための調味料を日本から持ってくると活躍する。

「食べるオリーブオイル」は、野菜炒めの他、ご飯にのせて食べたり、パスタに入れたり。
シラスがたっぷり入っていて、入れるだけでイタリアン風のご飯が完成です。



(3)キッコーマン 混ぜるだけの五目ごはん

炊いたご飯に混ぜるだけで、五目ごはんになる五目ご飯の素。セブでは五目ご飯の材料を集めるのも至難の技。
これは賞味期限も2年あるので、ストックしておきやすいのもうれしいところ。



(4)S&B シーズニングシリーズ

1回分の調味料がパックされていて、混ぜるだけ「韓国風 たたききゅうり」ができたり、「ガーリックシュリンプ」ができたりするシリーズ。

パウチが小さく軽いので、重量制限に引っかかりにくいのもポイント高いです。



(5)マルコメ 生しょうゆ麹

なんども繰り返すが、セブの野菜は日本に比べて旨味が少ない!だから、麹など旨味がプラスされている調味料を持ってきておくと重宝する。

さらにセブの豚肉、鶏肉ともに臭みが結構あり、ニンニクや生姜など臭み消しが必要になるのだけれど、醤油麹だとニンニクや生姜に負けずに深みのある味がつくので使い勝手が良い。

こちらの塩こうじもオススメ。



【セブ移住】メイドさんがやってくる。我が家で準備したものとは?

Facebooktwittermail

メイドさん(お手伝いさん)を雇用するにあたって、我が家が準備した3つのものリスト

1:防犯監視カメラ

スマホで外出先から確認できるタイプ
・泣き声などの異常を感知するとプッシュ通知あり
・設置場所の音声だけでなく、スマホ側からも話しかけることができる
・監視というよりは、親自身&メイドさん双方の安全・信用担保



2:ハウスルール

・我が家の規則を箇条書きにして部屋内に掲示
・ハウスルール例(手洗い推奨、撮影禁止、欠勤や遅刻の連絡方法など)

3:貴重品保管場所

・メイドさんが許可なく立入れる場所を限定し、ハウスルールに明記
貴重品は特定の保管場所



番外編:部屋の整理整頓、ラベル添付など

・準備した「もの」ではありませんが、メイドさんが保管場所などがすぐわかるように、食器棚を整理整頓。会社の共有スペースを整えるイメージ。(誰が使っても、元に戻しやすい工夫をする)
・よく使用する調味料で日本語表記しかないものは、英語でラベルを添付

感想:上記3つを整えるだけで、メイドさんを使うときの「子供とうまくやってくれるか?」「貴重品がなくならないか?」「コミュニケーションがうまくいかないかも」という不安を軽減してくれる。フィリピン・セブだからではなく、日本で家事や育児をアウトソーシングするときにも使えるはず。

セブ島で自動車運転免許取得に挑戦。仮免から本免許 編

Facebooktwittermail

フィリピン・セブでの自動車。仮免から本免許取得までの流れメモ。



仮免では、助手席に運転免許を所持している人が乗れば公道での練習が可能

ドライビングスクールに通わなくてもOK

【ドライビングスクールについて】

ドライビングスクール価格

・10時間レッスン(1レッスン2時間×5回、無料の2時間講義あり) 6000ペソ

*私は合計20時間=12,000ペソ

参考:アヤラ、SMなど有名モールにオフィスのある 
A1 Driving school は価格がほぼ2倍
https://www.facebook.com/A1DrivingSchoolPH/

ドライビングスクール 日本との違い

・指定場所でのpick upとdrop offが可能
簡単な説明の後、速攻で公道デビュー
・練習所はセブにはないので、駐車もなんでもとにかく公道で練習

仮免取得日付より、1カ月経過すると本免許取得のための筆記試験および実地試験の受験資格が得られる。

筆記試験および実地試験は、SMシーサイドのLTOにて。



【筆記試験】

持ち物:
・student permit
・i-card
・健康診断書(前回取得のクリニックで再プリント可能 100ペソ)
・ドラッグテスト結果(LTO近くのクリニックで 300ペソ)
・筆記用具

費用:
・167.63ペソ

試験内容:
・webに過去問が多数掲載 例えば https://www.ltoexamreviewer.com/lto-exam-reviewer-english/
言語は タガログ語or英語 から選択可能(私は英語を選択)
・マークシート方式
40問中30問以上正解で合格
・不合格の場合、その時点から1カ月経過しないと再試験不可

**web掲載されていた問題が実際はほとんど出ず焦る。ただし標識、交通ルールなどは世界共通化されているものも多いので言語が理解できれば苦労することはない

筆記試験に合格すると、実地試験の受験資格が得られる。同日に受験も可能だが、私は都合上別日に受験。



【実地試験】

持ち物:
・LTOからのOR(オフィシャル・レシート) *student permitが、筆記試験合格後にLTO預かりとなるため
・i-card
・車(ドライビングスクールに申し出ればサポートしてもらえる)
・筆記用具

試験内容:
・LTO前より200メートルほど走行(左折、Uターン含む)
・途中5メートルほどバック

**ドライビングスクールの車を使用し、教官に同乗してもらうことで、LTO側への「プロに習っています」というアピールになるため内容が簡単になるとの噂。



【免許発行】

実地試験に合格すると、即日免許が発行される。

発行までのプロセスは 会計 → 写真撮影・指紋採取 → 受け取り

費用:
・652.63ペソ

**免許取得のプロセスでトラブルは特になし。待ち時間も、実地試験合格〜免許発行にかかった2時間が最長で、それ以外は1時間程度で済んだ。



 

セブでの移動に何つかう? シチュエーション別 交通手段

Facebooktwittermail

今回はセブでの交通手段の話。

私が利用しているのは

・自家用車
・タクシー
・Grabカー
・ジプニー



タクシー、Grabカー、ジプニーをどう使い分けているかというと

【タクシー】

セブ市内で、タクシーを捕まえやすい場所から、アヤラなど各種モール、誰もが知っているようなホテルやコンドミニアムに行くときは利用します。

万一、料金でトラブルなどがあっても、降車場所がモールやホテルなどだとスタッフがいるので、最悪彼らに助けてもらえる
かなと? (ただし、今までもめた経験はありません)

タクシー=ぼったくり のイメージがありますが、私の経験上でぼったくりのタクシーが多いのは観光客の多いマクタンです。

なのでタクシーを使うのはセブ市内限定。

マクタンではメーターを使ってくれないドライバーが多いので、自家用車がない場合は極力Grabカーを使います。

【Grabカー】

どんなシチュエーションでも使いやすいのがGrabカー。

難点は、タクシーより少し割高なのに、態度があまりよくないドライバーや、安全面に問題があるドライバーがいることです。

私が利用する時に注意する点は2つ。

星が5つ星であること(少し欠けているくらいは大丈夫ですが4つ星以下だと運転が荒かったり、態度が悪かったりとその理由がわかります)。

早朝や深夜には乗りません。

【ジプニー】

日中、自宅近所では時々利用します。

ただし綺麗目な格好で出かけたい時や、貴重品をたくさん持っている時、荷物の多い時は、日中でも使いません。

乗降が大変なので子供2人を連れている場合は避けます。



ちなみに、バイクタクシー(ハバルハバル)。私は乗りません

私が乗らない理由は、事故が多いこと(多いように見えること)です。

移住した当初は、一度は乗ってみたいと思っていましたが、なんども事故を見かけたのでそれからは怖くなって乗ろうとは思いません。

日本だと、交通手段を選ぶときには「利便性」「費用」で判断すると思いますが、ここに安全面を加味しなくては行けないのがセブかなと個人的には思います。

メイドさんに何してもらう? セブ島・メイド事情 我が家の場合

Facebooktwittermail




以前、我が家でメイドさんを雇い始めた話を書きました

で、その後どうなったかというと、最初の一人は1週間、次の人は1か月ほどしか続かず、現在3人目のメイドさんです。

facebookで募集をし、面接、試用を経て、採用をしました。

友人に「何をしてもらっているの?」と聞かれるので、
我が家でのメイドさんの使い方をご紹介します。



前提:
・留守宅に入ってもらい仕事をすることはありません。
・ただし勤務時間中に、少しの時間留守番をしてもらうことはあります。

労働時間:
平日の日中5時間(通いのメイドさんです)
・家族の都合によって時間変更、残業あり

支払い方法:
現金日払い

仕事内容:
毎日してもらうこと:
・料理
・掃除
・食器洗い
・子供たちとの遊び
・学校迎え

時々してもらうこと:
・買い物
・洗濯
・習いごと送迎
・ハウスメンテナンス
・子供の家庭教師(タガログ語)

料理のメニュー決めは私がしています。当日、作りたいものを伝え、それを作ってもらうことが多いです。
最終的な味チェックも私がしています。
ただメニューを考えるのが面倒な時は、フィリピン料理にして全部彼女に任せます。

当初は家事手伝いを主にするヘルパーさんとして雇いましたが、子供たちが懐いていることや、メイドさん自身も子供好きであること、さらに私と保育感が似ていることを鑑みて、子供たちが「遊びたい!」と言った時は子供たちとの遊びを最優先にしてもらっています。

私は家事炊事、育児の中で、どれかが極端に苦手だったり、得意だったりするタイプではないので、採用したメイドさんの資質を見ながら、自分とメイドさんで仕事分担をしていく方式をとっています。

今一番感じているメリットは子供たちが英語を話す機会が増えたことです。



セブ島で自動車免許を取得するのは大変?

Facebooktwittermail

現在、フィリピン・セブ島にて自動車免許を取得中です。

どんな感じで取得するのか覚え書き。

今回書くのは、フィリピンで新規に取得する場合のお話です。


資格取得可能な人: 残存有効期限1年以上のVISA所有者

自動車教習所に通うには Student Permit と呼ばれる仮免を、LTOという政府機関に発行してもらう必要があります

仮免取得に必要な書類:

・パスポート
・パスポートのフィリピンへの入国スタンプ(直近のもの)が押されたページ
・i-card

・上記 原本およびそれぞれのコピー1部ずつ

・健康診断証明書

私はSMシーサイドのLTOで取得手続きをする際に、近くの KAISER MEDICAL CENTER, INC. というクリニックで200ペソで発行してもらいました。

健康診断自体は10分ほどで終わります。内容は、身長、体重、視力計測とお医者さんに既往症や通院歴を聞かれただけでした。

全て揃ったら、LTOへ。平日10:00から窓口が空きますが、時間少し前になると申請用紙が配布されます。

その後は以下のような流れです。



申請用紙記入

受付で必要書類が揃っているかチェックされます

書類が揃って入れば受付番号がもらえるので、番号が呼ばれるまで待機

宣誓(宣誓文を読まされます)→写真・指紋採取→お会計(314ペソ程度)

Student permit 発行。 

Student Permitが発行されたので、現在は教習所に通っています。

日本と違い、いきなり公道で運転をするという方式です。

これについては、今度また書きたいと思います。


喉の痛みにコレ!! 台湾人気定番土産「京都念慈庵」のど飴シロップがフィリピン・セブでも買えるって知ってた?

Facebooktwittermail

タイトルそのままの記事です。

香港・台湾土産として大人気の「京都念慈庵」 Nin Jiom(ニンジョム)の のど飴シロップ がフィリピンでも買えます

(正式名称は Nin Jiom Pei Pa Koa Syrup)



Nin Jiomは香港発の老舗ブランドで、ここで紹介するシロップ以外にもこんな可愛い缶ののど飴も売っています。

日本では芸能人の方などが愛用されていると紹介されることもあるみたいですね。

先日、たまたま見ていたテレビ番組でもフリーアナウンサーの平井理央さんが、このシロップの携帯用タイプを愛用していると紹介されていました。

どういう人に良いかというと(同封されている説明書より)

喉の痛み、咳、声枯れなど喉のトラブル全般。

入っている成分はこんな感じ

植物由来の漢方が主体です。

形状はトロトロで、蜂蜜のような感じ。そのまま食べるか、お湯で割って飲みます。

味は杏仁風味の漢方。私は、龍角散のど飴は味がどうしてもダメなのですが、これはいけます。



フィリピン・セブではドラッグストアのローズファーマシーで扱いがありました。

このシロップの画像を見せたら出して来てくれたので、フィリピンでも割とメジャーな存在なのかも!?

150mlで220ペソ。香港、台湾での価格がわからなかったのですが、日本のネットショップを見ると台湾や香港からの並行輸入品でも、この価格よりは高かったので、いつも日本で買っている人はフィリピンに来たついでに買うとお得。

英会話留学で、喉に疲れが出ている人。大気汚染や冷房の効きすぎで喉がやられている人。
Nin Jiom のど飴シロップを試して見ると良いですよ!!

ちなみに日本で買うと こんなくらいの値段らしい↓ (ただし倍量強入っています)