お手伝いさんがやって来た。フィリピン・セブでお手伝いさん or ベビーシッターを探す方法。

Facebooktwittermail

東南アジアの駐在員さんや、ロングステイ、移住した人などから聞く 「メイドさん最高だよ!」 「ベビーシッターのいない生活なんて、もうできない。日本に帰るのが怖い」という言葉。

日本で毎日、育児や家事炊事に追われている人は、うらやましいなと思った人もいると思います。

かくいう私も、その1人。
東京でのワーママ生活に疲れていた頃は、フィリピン・セブに移住したらお手伝いさんorベビーシッターさんを雇おうと固く心に誓っていたのでした。


しかし、何もかもは思い通り行かないのが世の常。お手伝いさん or ベビーシッターさんの採用は難航しました。

難航した理由は以下の通り。

1: 家族親戚では、いい人が見つからなかった。
2: 友人・知人関係でもいい人が見つからなかった。
3: 紹介エージェントに関しては悪い噂があり、躊躇してしまった。

自宅に来てもらい、場合によっては子供たちの面倒を見てもらうとなれば、まず優先すべきは、その人が 「信用に値する人かどうか?」です。

しかし、その信用をクリアできる人どころか、家族親戚、知人関係では候補になる人さえ見つけることが難しかったです。

考えられる理由としては

1: 能力のある(or稼ぎたい)お手伝いさんは、フィリピン国外に行ってしまう。
2: フィリピン国内ではセブよりマニラの方が条件が良い
3: セブでも能力のある人は、条件の良い家庭(または会社)に雇われ空きがない

こんな感じです。

フィリピン・セブでは年々お手伝いさんやベビーシッターさんを見つけることが難しくなっています。家族や知人に声をかければ、どこからか候補が現れると言うのは昔の話。

私も、ことあるごとに、周囲の人に「良いヤヤ(セブ語でベビーシッターの意味)を知りませんか?」と聞いていましたが、みんな口を揃えて「最近、信頼できる人を探すのが難しくなった」と。

そんな我が家にも、ようやくお手伝いさんが来てくれることになりました。

家族、知人関係では待てど暮らせど良い話がなく、エージェントを使うことには夫に抵抗があり半ば諦めていたところ、SNSを通して募集・応募のやり取りをする方法があると言うことを偶然知り、現在のお手伝いさんに出会うことができました。

今のところ、期待以上の働きをしていただいているので、少しでも長く続けて欲しいなぁと思っています。

セブ島で野菜不足になったらオススメ。大人も子供も満足の、ベジタリアン・レストラン「LIVE LIFE」

Facebooktwittermail

セブ島で生活している人の、お悩みあるあるが「野菜不足」。最近でこそ、サラダを置いているお店が増えたように思いますが、日本と違って自分から積極的に野菜を摂取しない限り、野菜不足になるのがセブ島の食生活です。しかも野菜自体、南国のせいか旨味が少なく、四季のある日本のようにあまりバリエーションがないのも事実です。

私も頑張って野菜をとるようにはしていますが、生野菜は体が冷えるのか、たくさん食べるとお腹が痛くなることもしばしば。これはセブ島だからではなく、日本でもサラダなどの生野菜をたくさん食べると腹痛の症状が出ていたので、体質的なものだと思います。子供たちも、生野菜だとそんなにたくさん食べてくれません。


「手軽に美味しく、野菜をたっぷり摂りたい!」そんな人に、オススメなのがベジタリアン・レストラン「LIVE LIFE」です。場所はエスカリオ通り(N. Escario St)のVibo placeというスタバや10 Dove Streetなど、おしゃれなカフェやレストランが入っている商業施設のなか。20人も入れば満員になってしまうような小さなお店「LIVE LIFE」。野菜不足を解消するというだけでなく、お味がいい(日本人に違和感のない味)ので、時々お邪魔しています。

メニューはこんな感じ。

 

野菜のパエリア(vegetable paella 2to3 people)280peso / 椎茸とズッキーニの照り焼き風(Baked Mushroom and Zucchini Teriyaki)250peso

メインメニューには玄米と赤米がついてきます。赤米はちょっと赤飯っぽく、もっちり。写真にはありませんが、ラザニアなども野菜の旨味がたっぷりで美味しかったです。メニューを見るとわかるのですが、味付けに醤油や味噌など日本のものが使われているようで、そんなところも日本人が「美味しい」と感じられるポイントなのかなと思います。

日本のベジタリアンレストランは、お味がやさしめなところが多く、食べ慣れていない人にとっては物足りなかったり、すぐお腹が空いてしまうという経験がある人もいるのでは? LIVE LIFEならお味がしっかり付いていて、ボリュームも多めなので満足できるはず。子どもたちも、ここのものは大抵たくさん食べてくれます。お店が小ぢんまりとしているので、食後にゆっくりしたい場合は、スタバや10 Doveに移動するのがおすすめ。お店の前は、ちょうど中庭部分なので、小さいお子さんならその辺りをお散歩させておくと間が持つかも。セブ島で、野菜を美味しく、たくさん食べたいという人は「LIVE LIFE」にどうぞ。

「子供はすぐ慣れる・子供は早い」の罠

Facebooktwittermail

子連れ移住を決めたとき、子供の言葉を心配していた私が、よく言われたのは「子供はすぐ慣れるよ」「子供は早いもんね」というような類いの言葉でした。そして、私も少なからずそう思っていました。子連れ移住して、周囲の人や幼稚園のお友達と話すようになれば、自然に言葉(英語)も慣れるだろうと。

しかし、子供はすぐ慣れる=何もしなくてよい、ではないということを今は実感しています。移住した当初は、4歳娘、2歳息子ともに英語と現地語を突然話し始めた父親(夫)に軽くパニック。唯一日本語を話していた私は、二人からこれでもかという程の抱っこ攻撃に合いました。



娘は何でも自分でやりたがる性格だけれど、慎重派で完璧主義。日本にいる時も、自分がそれを完璧にやれると自信をもてるまではやらないタイプです。でも本当は、それをやってみたいという気持ちが根底にはあるからイライラ。それが移住後にも如実に現れました。幼稚園では、ずっとだんまり。慣れれば少しずつ話してくれるだろうと思っていましたが、1か月しても全然話そうとも、歌おうともしない彼女を見てさすがに心配に。いまは幼稚園の先生に家庭教師として来てもらい、英語のフォローをしてもらっています。息子は最初こそパニックになったものの、すぐに慣れて、いまは4か国語を真似っこ。

最近、家庭教師の先生に自信をもたせてもらい、英語を少しずつ話せるようになった娘をみて、もっと早く環境を整えてあげればよかったなぁと思います。言語も含めた新環境に馴染めるかは「性格」と「動機」でかなり変わってくるなと実感しています。これは子供だけでなく、大人も同じ。あせらず、でもあきらめず。ゆっくりとこの環境に慣れていきたいと思います。