Tambuli Seaside Resort and Spaタンブリシーサイド に宿泊しました

Facebooktwittermail

セブ・マクタンにある新しいリゾートTambuli Seaside タンブリシーサイドに宿泊してきました。
(*2021年11月時点での情報です)

宿泊して感じた、Tambuli タンブリをおすすめしたい人は

  1. 乳幼児連れの家族
  2. ワーケーションなど長期滞在したい人
  3. カップル

です。以下に理由を書いていきます。



Tambuli タンブリの特徴その1 「コンドミニアムタイプのリゾート」

室内に

・IHコンロ
・調理器具(包丁、まな板、鍋、フライパンなど)
・食器(お皿、スープボウル、コップなど)
・カトラリー(ナイフ、フォーク、スプーン)
・電気ケトル
・電子レンジ
・冷蔵庫
・洗濯機(洗剤は用意する必要あり)
・テレビ
・掃除用具(食器洗いスポンジ&洗剤、小さめのチリトリ&ホウキ)

など、暮らしに必要な最低限のものが揃っています。電子レンジで離乳食を温めたり、着替えが多くなりがちな洗濯を部屋の洗濯機で済ませられるのは小さな子供がいる場合便利です。

*お部屋の詳細は公式webで確認してください

ワーケーションで長期滞在を考えている人にも良いと思います。部屋にはダイニングテーブルがあり、仕事もしやすいと思います。リゾート内のレストランやロビーなどで作業するのも良さそう。(ただし私たちが予約した時には、空いている部屋にはwifiがないとのことで、宿泊料金を割引にしてくれました。wifiがあるかどうか、スピードなどは要確認です) 

またコンドミニアムタイプのため、foodpandaなど出前を頼む場合は宿泊している棟のロビーまで配達がOKです



Tambuli タンブリの特徴その2 「緑豊かなプール」

・メインプール
・サブプール
・子供用プール
・ウォータースライダーのあるプール(ウォータースライダーは120cm以上の人が利用可能)
・バーのあるプール
・コンドミニアム棟近くの競泳プールっぽいプール

リゾート内には上記のように、複数のプールがありました。子供用プール以外のプールも、海の浅瀬のように浅い部分が作られているので、基本的にどのプールでも子供が泳げるエリアがあります。浅瀬部分で子供に水遊びさせながら、大人もプールを楽しめる作りは家族連れにぴったり。

またどのプールもプールサイドは緑が豊か。CrimsonやDusitのような開放的な作りのプールは素敵な反面、他の人の視線が気になることもあると思います。その点、Tambuli タンブリのプールは広大ながらも植物が自然な目隠しとなってプライベート感を保ちながら遊べるデザインになっています。カップルにはポイント高いのでは?

Tambuli タンブリの特徴その3 「2020年 Best of Cebuの釜焼きピザ」

レストランは複数あり。海沿いのレストランは地中海料理、バーなどがありました。私たちが注目したのは釜焼きピザのPugon。Sun Star紙が選ぶBest of Cebuのピザ部門で受賞をしたということで、部屋から注文して出前をしてもらいました。プロシュートのピザは、セブでありがちなアメリカンピザではなく、イタリアンタイプの薄くてモチモチ生地にプロシュートの塩気とルッコラの苦味がマッチして美味しかったです!

その他施設:
・ビーチ(砂遊びの道具の貸し出しあり)
・ジム
・ゲームルール(卓球、エアホッケーなど別料金)

【*2021年11月時点での注意点】 
・wifi入らないところが多い
・ブッフェ朝食はフィリピーノスタイルで品数少なめ
・部屋にバスタブはなし
・子供の遊び場、スパは現時点でなし

【感想】
2021年11月時点では、ソフトオープンな印象。ホテルから宿泊するのとは別に、エアビーなどで直接ユニットオーナーから部屋貸ししてもらうことも可能なようなので、条件によってはそちらを選ぶ方が良いかもしれません(部屋内の施設や設備の利用制限などがあるかは要確認)。晴れた日を狙ってデイユースでピザランチをするというのもアリかなと思いました。今後、本格的に稼働してどう変化して行くのかが楽しみなリゾートです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です