お手伝いさんがやって来た。フィリピン・セブでお手伝いさん or ベビーシッターを探す方法。

Facebooktwittermail

東南アジアの駐在員さんや、ロングステイ、移住した人などから聞く 「メイドさん最高だよ!」 「ベビーシッターのいない生活なんて、もうできない。日本に帰るのが怖い」という言葉。

日本で毎日、育児や家事炊事に追われている人は、うらやましいなと思った人もいると思います。

かくいう私も、その1人。
東京でのワーママ生活に疲れていた頃は、フィリピン・セブに移住したらお手伝いさんorベビーシッターさんを雇おうと固く心に誓っていたのでした。


しかし、何もかもは思い通り行かないのが世の常。お手伝いさん or ベビーシッターさんの採用は難航しました。

難航した理由は以下の通り。

1: 家族親戚では、いい人が見つからなかった。
2: 友人・知人関係でもいい人が見つからなかった。
3: 紹介エージェントに関しては悪い噂があり、躊躇してしまった。

自宅に来てもらい、場合によっては子供たちの面倒を見てもらうとなれば、まず優先すべきは、その人が 「信用に値する人かどうか?」です。

しかし、その信用をクリアできる人どころか、家族親戚、知人関係では候補になる人さえ見つけることが難しかったです。

考えられる理由としては

1: 能力のある(or稼ぎたい)お手伝いさんは、フィリピン国外に行ってしまう。
2: フィリピン国内ではセブよりマニラの方が条件が良い
3: セブでも能力のある人は、条件の良い家庭(または会社)に雇われ空きがない

こんな感じです。

フィリピン・セブでは年々お手伝いさんやベビーシッターさんを見つけることが難しくなっています。家族や知人に声をかければ、どこからか候補が現れると言うのは昔の話。

私も、ことあるごとに、周囲の人に「良いヤヤ(セブ語でベビーシッターの意味)を知りませんか?」と聞いていましたが、みんな口を揃えて「最近、信頼できる人を探すのが難しくなった」と。

そんな我が家にも、ようやくお手伝いさんが来てくれることになりました。

家族、知人関係では待てど暮らせど良い話がなく、エージェントを使うことには夫に抵抗があり半ば諦めていたところ、SNSを通して募集・応募のやり取りをする方法があると言うことを偶然知り、現在のお手伝いさんに出会うことができました。

今のところ、期待以上の働きをしていただいているので、少しでも長く続けて欲しいなぁと思っています。

セブ・親子留学 あなたは 成功する人? 失敗する人? こんなことに気をつけよう。

Facebooktwittermail

親子留学がブームになりつつあるセブ。街中でお見かけするに、楽しんでいる親子さんが多いように思いますが、チラホラと「こんなはずじゃなかった……」という声も聞こえて来ます。

今回は、セブの親子留学でどんなところに気をつけたらいいのか? 親子留学を成功させるための心得を書いてみたいと思います。

ちなみに筆者は留学関係者ではありません。利害関係がないからこそ、本音の部分を書きます。

親子留学に出発前のあなた、あるいは親子留学・教育移住・海外赴任などでセブに来たけど「こんなはずじゃなかった」と、少しお疲れの人にも読んで欲しいと思います。


1:南国リゾート・セブではなく、フィリピンの地方都市セブ

セブは日本ではリゾート地として知られています。とはいえ、一部の学校をのぞきほとんどの学校がセブ市内にあります。モールやITパークなど一部の区画は整備されていますが、ここはやはり東南アジア・フィリピンのしかも地方都市。道路などお世辞にも綺麗とはいえません。工事現場からは砂埃が舞い上がり、排気ガスによる大気汚染もひどいです。

2:日本人オーナー=日本と全く同じクオリティではない

親子留学の場合は、安心を重視して日本人オーナーの学校を選ばれることも多いと思います。食事や宿泊など、日本人オーナーの方が日本人の好みをわかっていて滞在中の苦労が少ないのは事実。しかし、日本人オーナーだからだといって全てが日本クオリティで提供されるわけではありません。例えば、先生はもちろんですが、スタッフの多くはフィリピン人です。文化の違いから、日本人からしたら「え!?」と思うようなことがあるかもしれません。

3:日本人村になってしまう可能性がある

子供に安心な環境を選ぶと、概して他にも日本人親子の留学が多い学校を選ぶことになると思います。何もわからない環境では、同じ英語留学の目的で滞在している親子さんは安心材料です。子供にとっても、日本人のお友達はホッとできる存在だったりします。しかし、その一方で海外にいる解放感を味わうはずが、日本人同士のお付き合いが発生して窮屈に感じる場合があるかもしれません。また、良くも悪くも、普段日本では出会わないようなママ友さん、パパ友さんに出会う可能性があります。


4:子供が馴染まない可能性がある

子供が全然新しい環境に馴染めないと、「せっかくセブまで来たのに」とか「払った学費」がチラついて、親としては焦ってしまうことも多いと思います。しかも短期滞在の場合は、時間が解決してくれるとゆったり構えてもいられない気持ちになるのではないでしょうか。慣れない言語での環境は多くの子供にとってストレスです。もし英語の勉強がきちんとできなかったとしても、たくさんの新しい経験をしたと開き直るくらいの覚悟が必要です。

5:不可抗力が多すぎる環境

親子留学の場合、英語の勉強だけでなく、週末のアクティビティやショッピング、外食などを楽しみにしている人も多いと思います。しかし、ここはフィリピン・セブ。雨が降って泳げないということだけでなく、雨で渋滞が発生してタクシーやGrabがつかまらない。楽しみにしていたレストランに行ってみたら、お目当のメニューが品切れだった。というような、自分ではどうしようもない理由でやりたかったことができないことがかなりの頻度で発生します。

6:自分の気持ちは通常運転ではない

最後は、これです。子供を連れて海外に出るのは、大変だと思います。子供の安心安全に、日本にいるとき以上に気を使って、肉体的にも精神的にも疲れることも多々あります。そんな通常運転ではない気持ちでいると、普段は笑って流せるようなことにも、イライラしたりすることがあると思います。

かくいう私も、心労が重なった時にキッチンに虫が出て「もう、セブはイヤだー!!!」と叫んだことがあります(苦笑)。こんな時は、深呼吸

貴重な時間やお金を使った、セブでの親子留学。有意義なものになることをお祈りしています。


フィリピン・セブ島で習い事 公文いくもん♪ 月謝はいくら? 何が勉強できる?

Facebooktwittermail

フィリピン・セブは南国でのんびりしているイメージですが、子供たちはびっくりするほど忙しい! 私立(インター含む)に通っている子供たちは、宿題がないモンテッソーリ系以外は、基本的に朝から授業がぎっしり。それでも、幼稚園くらいから習い事を始める子が出てくるのは日本と一緒です。

では、どんな習い事があるのでしょうか?

・お勉強系 (公文 KUMON、そろばん、補習校など)
・アート系 (美術、ピアノ、バイオリン、ギター、バレエなど)
・スポーツ系 (テコンドー、水泳、ダンスなど)


我が家では、年長さんの娘が公文 KUMONにお世話になっています

では、どんな教科があるかというと?

Math
Reading (英語)

 

の2教科のみです。どちらか1教科だけを習うこともできます。

教材は、写真のような感じ。

写真の教材(ワークシート)10枚が1束になっていて、それが1日分。
週に2回、自分で好きな曜日と時間を選び、その時は教室でこのワークシートをやります。

教室に行かない、週の残りの5日間は自宅でワークシートをやります。いわゆる宿題。

この繰り返しです。

月謝は?

1800ペソ (1教科あたり。Grade6以下の場合。マニラなどの首都圏は2000ペソ)
1950ペソ (1教科あたり。Grade7以上の場合。マニラなどの首都圏は2150ペソ)

webで日本の公文の月謝を調べたところ、2018年10月から27年ぶりに会費が値上がりするとのことで、1教科あたり幼児・小学生は7,020円でした(東京・神奈川は7,560円)。およそ3000円、フィリピン・セブの公文の方がお得です。


ちなみに英語教材は、日本で使われているものとは違い、英語ネイティブ用らしく日本とはかなり違います。ペンで教材をなぞると発音を教えてくれる「E-pencil」(イーペンシル)もありません。

セブでも何か所かに教室があるのですが、時々フリートライアルをやっています。その場合は2週間無料です。最初にレベルチェックもしてくれるので、ちょっと気になるという人はフリートライアルの時に試してみるのもいいかも。



フィリピン・セブの幼稚園 おやつは? お弁当は? 食育事情について。

Facebooktwittermail

今日はフィリピン・セブで子育てするなら、食育にこだわる人はNGかも?というお話を。

日本の保育園時代は、ランチもおやつも、栄養バランスの取れた手作りのもの毎食提供されていました。実際に通った園(3園)もですが、保活で見学したどの園も、そのほとんどが手作りで感動した記憶があります。例えば野菜など、家ではあまり食べたがらないものも、保育園のお友達が食べていると一緒に食べたりするから子供って不思議。

一方、フィリピン・セブの学校(幼稚園)のおやつ、ランチ事情と言えば、かなりゆるいです。我が家はおやつ付きの園、おやつなしで持参する園の両方の経験がありますが、内容はこんな感じでした。


・おやつ付き園の場合

ビスケット、フルーツ(バナナ、りんご、マンゴーなど)、カップケーキ、パン(チーズサンド、ソーセージパンなど)、ヤクルト、乳性飲料、オレンジジュース etc

・おやつ持参の場合

ビスケットなどの小分けされた市販のスナック類、フルーツ、ご飯とソーセージなどのお弁当風、ヤクルト、乳性飲料 etc

おやつ付きの園では、チョコレート菓子やドリンクなども出てきました。また誰かの誕生日があると、その子の親がジョリビーやマクドナルドのおもちゃ付きセットを差し入れることがあります。その場で食べさせる園もあるので、ファストフードを食べさせたくない、チョコレートを食べさせたくないと考えているご家庭は園とあらかじめ連携が必要です。

現在の園は、チョコレートを使用したスナック類、ドリンク類は禁止。理由は「チョコレートに興奮作用があるから」だそうです。(webを調べたところ諸説あるようです)我が家の定番は、写真のような牛乳とビスケット類です。

午前中保育のみなのでお弁当は持参していませんが、先輩日本人ママさんに聞くと、日本では当たり前のような、肉や魚、野菜、ご飯とバランスを取れたお弁当を持ってきているのは少数派。キャラ弁など絶対できなさそうな不器用な私には、ちょっと安心ですが、もし食育に力を入れて子供を育てたいと考えいるご家庭はフィリピン・セブでの育児はストレスがたまるかも!?

逆に、子供が楽しく食べて入ればそれでいい! というご家庭なら、フィリピン・セブはおすすめ。ファストフードだけでなく、どこのレストランも子連れ大歓迎ですよ。

 

 


フィリピン セブの学校・幼稚園。いつから始まるの? 行事は? 素朴な疑問にお答えします

Facebooktwittermail

フィリピン・セブの学校(幼稚園)に子供たちが通っていると言うと、友人・知人からいろんな質問をされることが多くなりました。そこで、よくある質問のまとめを備忘録をかねて書いてみました。海外赴任、教育移住、親子留学など。フィリピン・セブで子供を学ばせたいと考えいる方の参考になればうれしいです。

・何歳から入れる?

学校によりますが、乳児クラスを持っているところであれば、36か月(1歳半)から入学できます。ただし保育時間が2時間など、短いので注意です。

・新学期はいつから?

公立は6月、私立は6〜8月が新学期とかなりバラつきがあります。インターナショナルスクールは新学期のスタートは遅め。

・毎日あるの?

月〜金が基本です。土日に行事が行われることもあります。

・どんな学校があるの?

公立と私立があります。私立にはインターナショナルや華僑系、カトリック系、モンテッソーリなど様々なタイプあり。生徒がフィリピン人ばかりのところもあれば、様々な国の生徒が通っている学校もあります。

・カリキュラムは?

学校によります。私的には日本よりもお勉強色が強い学校が多めの印象。日本では幼稚園受験をするか? 小学受験をするか? 中学受験をするか?と、遊び的要素から勉強にシフトするタイミングがいくつかあるように思いますが、フィリピン・セブの場合は基本的にそれが幼稚園からスタートするイメージです。特に一定の収入がある家庭の場合は、教育熱心な傾向あり。多くの親が学校に求めているのは集団生活、道徳などの意味合いではなく「勉強を教えてくれること=テストでいい点数をとるかどうか?」です。

一例ですが、現在我が子が通っている私立幼稚園なら、英語・中国語・フィリピン語(タガログ語)・算数・理科・体育・音楽の授業があります。ガールスカウト、ボーイスカウトをカリキュラムに取り入れている学校も多いようです。


・授業は英語?

授業は基本的に英語で行われます。英語自体のレベルは学校により様々。高いレベルの英語をウリにしている学校では、当然先生は流暢な英語を話します。先生同士の会話は、英語だけを推奨されている学校もあれば、現地の言葉(セブならセブアノ、ビサヤ)でやりとりしている場合も。英語のレベルを確かめたければ、見学時に先生同士の会話に耳を傾けてみるといいかも。

・生徒同士は何語を話している?

学校により校内では「英語だけ」(一部の中華系学校では中国語もOK)の規則を導入しています。

・行事は?

フィリピン文化に親しむ日、ファミリーデー(ダンスやゲームなど)、発表会、職業体験、キャンプなどがあります。学校と、年度にもよるようなので見学の時に確認するといいでしょう。ただし休みや行事などが1年きっちりと決まっていないところがセブ。急な変更などは日常茶飯事です。

・親が参加しなくてはいけない?

フィリピンの学校にもPTAがあります。が、日本のように「在学中に必ず1回」のようなルールは、我が子の学校でも、友人知人の学校でも聞いたことがなく、「やれる人がやる」というスタンスのようです。新学期オリエンテーション、保護者参観、各種行事などはありますが、欠席しても特におとがめはありません。

・施設は?

こちらも学校によりますが、施設だけで言えば、日本の幼稚園・学校の方が良いと思います。

・学費は?

インターナショナル > インターナショナル以外の私立 が一般的。学費はwebはもとより、電話問い合わせでも答えてくれず、実際に見学に来た人だけに教えるという場合が多いようです。

・送迎は?

基本的には保護者(ベビーシッター、ドライバー、親戚など含む)が行います。スクールバスのサービスがあるところもあるので問い合わせてみましょう。モンテッソーリ系など、教科書や宿題を持ち帰らない教育方針の学校以外については、幼稚園でも毎日キャリーバッグを持っての大荷物での登校になります。またフィリピン・セブでの名物(?)と言えば渋滞。学校と住まいの単純な距離だけでなく、毎日の渋滞具合、大雨が降った時に浸水しやすい道路があるかどうかなどを確認しておいた方がよいと思います。

・預かり時間は?

〜年少組までは2時間、年中3時間、年長4時間が平均値のように思いますが、学校によってバラツキがあります。例えば現在、我が家が利用している学校の年長組は午前中のみの4時間保育ですが、前年度まで利用していた学校は午後までの6時間保育でした。また日本ではあまり聞いたことがないのが、年中くらいまでの組は午前組と午後組があり、希望でどちらかを選ぶことができること。子供のリズム、親の都合、交通事情などによって、午前クラスまたは午後クラスを選ぶことができます。

・英語が話せないけど大丈夫?

英語がゼロでも受けて入れてくれるかは、学校によります。我が家は、上の子が3-4歳のタイミングで移住しましたが、日本では英語はほとんど教えていませんでした。「英語ゼロでも大丈夫ですか?」という質問に対しては、「大丈夫ですよ。そういう例がいっぱいあります」という学校もあれば、「英語ゼロだと難しい(フォローする体制がない)」という学校もありました。

他にも思いついたら、付け足していきます!

 

フィリピン・セブ島の幼稚園 学費・授業料はいくら? 私立幼稚園の学費、全部公開します!

Facebooktwittermail

フィリピン・セブ島では

考えられないような安さで英語教育が受けられる
と、日本から親子留学や教育移住をする人が増加している。

では具体的にいくらくらいするの? と色々調べて見ると、web上にはざっくりとした値段しか載っておらず、よくわからないという方も多いのではないだろうか?(15-30万ペソと書いてあったりして、差額がかなり大きい)。

そこで、某私立幼稚園の学費を完全公開。

教育移住やお子様の英語留学を考えている方は、ぜひ参考にしてください。


*今回、公開するのはインターナショナルスクールではなくセブ市内にある私立幼稚園。2018-2019SY(年度)の学費。インターの場合は、これより高くなる場合がほとんど。
1ペソ=2.3円で計算。

●授業料(年間)
年少クラス 97,124円
年長クラス 81,806円

*授業料を1年分まとめて払うと3%引きになる。逆に分割をすると少し割高になる(数百ペソの差程度)

*webなどで授業料=Tuition feeと書かれているのは、純粋な授業料を指している場合と、下記にあげる費用も全て含んでいる場合があるので調べるときには注意した方が良い。

*保育時間は、年長は月〜金で毎日4時間、年少は月〜金で毎日2時間15分。

●教科書代
年少クラス 3,889円(英語、算数など4冊)
年長クラス 5,812円(英語、算数など6冊)

*2-3歳が所属するクラスは教科書がないため費用がかからない。

●雑費
年少クラス 45,110円
年長クラス 69,513円

水道光熱費、写真代、文具代、イベント費用などが全て含まれている。年長クラスが高いのは卒業式、カリキュラムなどにかかる雑費が多くなるため。


*学校によっては文具代、イベント費用などを都度回収するところもある。その場合は、都度出費が増えることになる。

●制服代
約1,000=約2,300円

*制服と体操服の合計。サイズ、男女などによって100円前後違いあり。その他、各自で白ソックス、黒靴などを用意する必要あり。

●その他出費が見込まれるもの

通学交通費:スクールバスを提供している学校で、利用する場合は距離に応じて費用がかかる。

誕生日会費用:紹介した学校では学校で誕生会を行うことを禁止にしているが、他校では授業中のおやつタイムなどに、誕生日の子供がいるとお祝いする習慣がある。誕生日の子供の親が、おやつを差し入れたり、簡単なプレゼントを配ったりするのだが、プレゼント交換を習慣にしているところもあるのでその場合は出費が必要。

おやつ代:学校が用意するところと、各自持参のところがあるので要確認。

ここ数年の動向を見ていると、ほとんどの学校はインフレもあり、年々学費は値上がりする傾向にある。「授業料」の安さにだけ目を奪われないで、そのほかの出費などにも目を配り、親子留学費用の概算などをされることをオススメします。