喉の痛みにコレ!! 台湾人気定番土産「京都念慈庵」のど飴シロップがフィリピン・セブでも買えるって知ってた?

Facebooktwittermail

タイトルそのままの記事です。

香港・台湾土産として大人気の「京都念慈庵」 Nin Jiom(ニンジョム)の のど飴シロップ がフィリピンでも買えます

(正式名称は Nin Jiom Pei Pa Koa Syrup)



Nin Jiomは香港発の老舗ブランドで、ここで紹介するシロップ以外にもこんな可愛い缶ののど飴も売っています。

日本では芸能人の方などが愛用されていると紹介されることもあるみたいですね。

先日、たまたま見ていたテレビ番組でもフリーアナウンサーの平井理央さんが、このシロップの携帯用タイプを愛用していると紹介されていました。

どういう人に良いかというと(同封されている説明書より)

喉の痛み、咳、声枯れなど喉のトラブル全般。

入っている成分はこんな感じ

植物由来の漢方が主体です。

形状はトロトロで、蜂蜜のような感じ。そのまま食べるか、お湯で割って飲みます。

味は杏仁風味の漢方。私は、龍角散のど飴は味がどうしてもダメなのですが、これはいけます。



フィリピン・セブではドラッグストアのローズファーマシーで扱いがありました。

このシロップの画像を見せたら出して来てくれたので、フィリピンでも割とメジャーな存在なのかも!?

150mlで220ペソ。香港、台湾での価格がわからなかったのですが、日本のネットショップを見ると台湾や香港からの並行輸入品でも、この価格よりは高かったので、いつも日本で買っている人はフィリピンに来たついでに買うとお得。

英会話留学で、喉に疲れが出ている人。大気汚染や冷房の効きすぎで喉がやられている人。
Nin Jiom のど飴シロップを試して見ると良いですよ!!

ちなみに日本で買うと こんなくらいの値段らしい↓ (ただし倍量強入っています)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です