デュシタニ・マクタン・セブ Dusit Thani Mactan 宿泊した感想&評判

Facebooktwittermail

フィリピン・セブ島に、2019年4月よりソフトオープン中の最新リゾート Dusit Thani Mactan Cebu(デュシタニ・マクタン・セブ)に宿泊(2019/05)したので感想をレポートします。

デイユースもあるようなので、文末に情報を載せておきます。

【追記】
2019年7月にデュシタニ マクタン セブに再度宿泊してきました。一部情報にアップデートがあるので、感想や評判などを【追記】という形で表記しておきます。写真も随時追加していきます。

*デュシタニ・マクタン・セブ、2019年12月にグランドオープンしました!
タイ料理レストラン、スパ、ビーチなども利用できるようになっています。
今後また追記して生きたいと思います。

 

View this post on Instagram

 

Dusit Hotels & Resortsさん(@dusit_hotels)がシェアした投稿



利用パッケージ:
開業記念のプロモ 7888ペソ(1室1泊料金・税サ込み)  *2019/05/31まで

パッケージ内容:

・デラックスルーム宿泊
・大人2名 朝食無料

*親同伴の12才未満の宿泊無料 → (実際に大人2名+6&3歳で宿泊)

【追記】
2019.7では1カ月以上前に予約をすると適用される早割的なパッケージを利用。
条件などは全く同じで、料金が少し上がり税サなど込みで 約9,000ペソでした。

2019/5/5宿泊時で利用できた施設:

・客室(3棟のうち1棟のみ稼働中)
・レストラン(朝食会場にもなるブッフェレストラン、入り口ロビー奥のラウンジ、スポーツバーの3つ)
・ジム
・キッズゾーン
・プール
・全館無料wifi

【追記】
2019/07/13宿泊時に利用できた施設:
・基本的に上記と変わりません。デュシタニはタイのホテルチェーンなので、タイ料理レストランや、タイのメソッドを取り入れたスパがホテル内にオープンしますが、2019年10月ごろを予定しているとのことでした。(あくまで予定なので、要確認です)



【アクセス】

シャングリラ、モーベンピックなどが並んでいる道をさらに奥へと進んだマゼラン湾添い。

【客室・デラックスルーム】

(設備・アメニティ)
・49インチLEDテレビ
・シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディクリーム、歯ブラシ、カミソリ、コームetc
・ポット
・コーヒー、紅茶
・ミネラルウォーター(毎日補充あり)
・体重計
・ドライヤー
・ミニバー&スナック(有料)
・貴重品ボックス
・アイロン&アイロン台

ツインベッドの部屋に宿泊。シャワーのみでバスタブはなし。webにはキングベッドを選択した場合、バスタブありと記述あり

部屋の感想:

デラックスルームは32平方メートルなので、リゾートにしてはやや狭いというのが第一印象。海側とは反対に位置しているので、窓からの景色は海は見えず別のコンドミニアムが見えます。リゾート気分を味わいたいなら、海側のカテゴリ選択がベター。実際滞在してみると、テーブル&クローゼット広め、UIのわかりやすさなどで狭さは気にならず快適。ターンダウンサービスあり。

↑こちらはシービューのお部屋。目の前にマゼラン湾が広がります。

【追記】
今回も「デラックスルーム」で予約をしましたが、アップグレードでシービューの部屋に宿泊することができました。
シービューの場合はバルコニーがあるので、バルコニーにテーブル&チェアあり。濡れた水着などを干すスペースもあります。
ベッドはキングサイズベッドだったので、バスルームにはバスタブがありました。
実際に宿泊してみて、やはりセブ島にいる気分を味わいたいならシービューを選択した方がよいと感じました。



【プール】
・100メートルのインフィニティプール
・キッズプールあり
・上記以外に小さめのプール1

プールの感想:

マゼラン湾が一望できる、100メートルのインフィニティプールは圧巻。インスタ映え間違いなし。シャングリラ、クリムゾン、モーベンピックなどマクタンの主要リゾートがある岸とは反対側に位置しているので、サンセットを見ることができる。足元が水に浸かるデッキチェアもあり、子供を見ながら暑さを凌ぎ、のんびりするには丁度良い。タイル貼りのプールは滑りやすく、要注意。難点は水があまり綺麗ではなかったこと。海水を再利用しているのか、時々、藻?が見える。これがソフトオープンだからなのかは不明。

【追記】
2019年7月に宿泊した際には、プールの水質はきれいになっていました! 前回宿泊時に気になった藻のようなものも除去済み。

【ビーチ】
・2019/5/5の段階では工事中で使用不可

【追記】
2019年7月段階でもビーチは使用不可。ビーチ手前のデッキチェアは整備済み。

↑ここが整備されてビーチになるようです。

↑ビーチに出る通路には「coming soon」と表示され、中に入ることはできません(2019.7時点)

↑ビーチ手前にはチェアがたくさん置かれています。



【レストラン】
利用履歴:

・プールサイドでの軽食(スポーツバーからデリバリーされる)
・ディナーブッフェ
・朝食ブッフェ(宿泊プランに含まれる)
・ランチブッフェ

*ホテル内のレストランを利用するなら、「デュシットゴールド」に登録推奨。会費なし、登録のみで、レストランが20%引きになるなど様々な特典あり。

レストランの感想:

デュシットゴールドに登録の上、ブッフェを利用するとかなりのお得感ありディナーで大人1名1,280ペソ、ランチで大人1名1,120ペソ。webには4才以上12才未満は半額との記述があったが、レストランでは5才までは無料と案内されました。ブッフェは基本的に多国籍料理。フィリピン料理もあり。印象的だったのはディナーブッフェで、肉系だけでなく、エビ、カニの各種料理や、マグロやサーモンの寿司など海鮮系の料理がたくさん。エビの天ぷらが大好きな子供達も満足。ワンドリンク付き(マンゴ、グァバ、オレンジ、パイナップルから選択可)。朝食ブッフェはクリムゾン、モーベンピックよりはやや劣る印象。

プールサイドにあるスポーツバーの軽食(クラブハウスサンドイッチ、前菜2品、ドリンク3種)で約2,500ペソかかったので、ある程度注文するならブッフェ一択!? デュシタニの売りでもあるタイレストラン(ベンジャロン)がオープンしたら、試してみたい。

↑朝食ブッフェなど終日ブッフェを提供しているレストラン「シーブリーズカフェ」。

【追記】
2度目の滞在でもディナーブッフェを利用。スタッフに確認したところブッフェは5歳までは無料とのこと。前回はワンドリンク付きと言われたが、食後のコーヒーや紅茶なども料金内でOKでした。朝食ブッフェはクリムゾンなどの方が良いかなと初回滞在時は思いましたが、今回宿泊してみて朝食もデュシタニの方が良い印象に。デュシタニの売りであるタイレストランは10月オープン予定とのことでしたが要確認。

【キッズゾーン(ファンゾーン)】
・8:00-21:00営業
・1時間300ペソ、無制限1200ペソ

・長袖、靴下着用との注意書きあり(ただし利用者は皆、裸足&半袖やノースリーブ。注意されることもなかった)
・一部工事中

キッズゾーン(ファンゾーン)の感想:

宿泊者でも有料なのが難点。1時間300ペソと高めだが、時間を多少オーバーしても注意されることはなかった(管理がゆるめ)。遊具はアスレチック、ボールプール、ミニバッケット&サッカー、クライミングなど体を動かすものが中心。3-6才くらいまでの体を動かすことが好きな子なら間違いなく楽しめる。ごっこ遊びなどが好きな子には遊ぶところが少ないかもしれません。

【追記】
週末滞在だったがゲストがほとんどおらず、貸切状態。スタッフもたくさん遊んでくれたので子供達は満足した様子。

【追記】
【ジム】
宿泊客は無料で利用可能。海を一望する開放感のあるジム。

雑感メモ:

・最大の特徴はインフィニティプール
・プロモ価格&内容からは妥当な印象
・グランドオープンで価格が上がるとすれば、改善が必要
・ゲストは主にフィリピン人で、その次が韓国人(価格が上がれば変わるかも?)
・スタッフはまだ慣れていない人がいるものの、概してフレンドリー(ややカジュアル)
・マクタンの端なのでアクセスが不便。街にも頻繁に出たい人には不向き
・近くには開業間近のシェラトンがあり、今後のセブ・マクタンで注目エリアと言える
・混雑時にレストランやプールの快適性をいかに保持するかもポイントと言えそう(ソフトオープンでは朝食、プールなども混み合うことがなく快適だった)
誕生日ステイではケーキサービスがあるので事前に伝えるべし

おまけ:

デイユース

ランチ付きのデイユース
平日 大人1名 1,988ペソ(税サ込み)
土日 大人1名 2,500ペソ(税サ込み)
*12歳以下の子供は上記で紹介しているキッズゾーン(ファンゾーン)の無料1時間無料

デイユースに関しては公式webより引用。詳細は要確認。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です