セブ島で自動車運転免許取得に挑戦。仮免から本免許 編

Facebooktwittermail

フィリピン・セブでの自動車。仮免から本免許取得までの流れメモ。



仮免では、助手席に運転免許を所持している人が乗れば公道での練習が可能

ドライビングスクールに通わなくてもOK

【ドライビングスクールについて】

ドライビングスクール価格

・10時間レッスン(1レッスン2時間×5回、無料の2時間講義あり) 6000ペソ

*私は合計20時間=12,000ペソ

参考:アヤラ、SMなど有名モールにオフィスのある 
A1 Driving school は価格がほぼ2倍
https://www.facebook.com/A1DrivingSchoolPH/

ドライビングスクール 日本との違い

・指定場所でのpick upとdrop offが可能
簡単な説明の後、速攻で公道デビュー
・練習所はセブにはないので、駐車もなんでもとにかく公道で練習

仮免取得日付より、1カ月経過すると本免許取得のための筆記試験および実地試験の受験資格が得られる。

筆記試験および実地試験は、SMシーサイドのLTOにて。



【筆記試験】

持ち物:
・student permit
・i-card
・健康診断書(前回取得のクリニックで再プリント可能 100ペソ)
・ドラッグテスト結果(LTO近くのクリニックで 300ペソ)
・筆記用具

費用:
・167.63ペソ

試験内容:
・webに過去問が多数掲載 例えば https://www.ltoexamreviewer.com/lto-exam-reviewer-english/
言語は タガログ語or英語 から選択可能(私は英語を選択)
・マークシート方式
40問中30問以上正解で合格
・不合格の場合、その時点から1カ月経過しないと再試験不可

**web掲載されていた問題が実際はほとんど出ず焦る。ただし標識、交通ルールなどは世界共通化されているものも多いので言語が理解できれば苦労することはない

筆記試験に合格すると、実地試験の受験資格が得られる。同日に受験も可能だが、私は都合上別日に受験。



【実地試験】

持ち物:
・LTOからのOR(オフィシャル・レシート) *student permitが、筆記試験合格後にLTO預かりとなるため
・i-card
・車(ドライビングスクールに申し出ればサポートしてもらえる)
・筆記用具

試験内容:
・LTO前より200メートルほど走行(左折、Uターン含む)
・途中5メートルほどバック

**ドライビングスクールの車を使用し、教官に同乗してもらうことで、LTO側への「プロに習っています」というアピールになるため内容が簡単になるとの噂。



【免許発行】

実地試験に合格すると、即日免許が発行される。

発行までのプロセスは 会計 → 写真撮影・指紋採取 → 受け取り

費用:
・652.63ペソ

**免許取得のプロセスでトラブルは特になし。待ち時間も、実地試験合格〜免許発行にかかった2時間が最長で、それ以外は1時間程度で済んだ。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です