セブ島 vs 東京 どちらが子連れフレンドリー?

Facebooktwittermail

セブ島での暮らしが始まって約半年。今回は母子だけで、東京に約2週間一時帰国しました。そこでセブ島か東京、どちらが子連れフレンドリーなのかを比較してみました。

施設や気遣いでは、圧倒的に東京

施設や子連れに対する気遣いという意味では、圧倒的に東京の方が快適です。例えば…

  • ホテルで本館から少し離れた安い別館を予約していましたが、子連れで大変でしょうからと料金はそのままで本館に宿泊させてもらった。
  • 別のホテルで、添い寝は無料なのでシングルルームを予約していましたが、ツインルームにグレードアップ。
  • 飲食店では、何もいわなくても子供用の水にはストローがさされてくる。
  • 子供用のフォーク&スプーンが出てくる。
  • 子供用のトイレがある(しかもキレイ!)
  • 歩道などが歩きやすい
  • 無料の公園があちこちにある などなど

数えればきりがありません。東京に暮らしていた頃は、日本は子育て世代に厳しい国だと感じていましたし、そういうニュースがバズっているのを見て、辛いなと感じていたのですが、半年離れてみて「東京やるじゃん」って思ったことはいなめません。


子供がいて当たり前という「空気」はセブ島

東京とセブ島、大きく違うのは子供がいるのが「当たり前」か「当たり前じゃない」かです。セブ島では基本的に、どこに行っても子供がいることが当たり前です。公共交通機関、飲食店、ショッピングモール。子供がいることが当たり前なので、みんなが子供の言動に慣れています。子供が騒いでも、走り回っても嫌な顔をする人はいません。だから飲食店を探すときにも「子連れOKか?」なんて気にしなくて大丈夫。子供がいることで、他の人に対して気を使わなくていい、ということは子育てする親にとって一番ほっとできることではないでしょうか。

私は東京も、セブ島もどちらも好きです。だから両方の良いところを生かして育児して行きたいなと思っています。